前回の記事、『スピリット・ガイドとは?』の続きです。

今回は『スピリット・ガイド&女神の声を聞く方法』をご紹介していきます。ここでは、スピリット・ガイドのことを略して単にガイドと記載していきますね。

さて、ガイド&女神の声を聞く方法ですが、これはちょっとコツがあります。なぜなら、

姿が見えない、エネルギー存在の声を聞く方法を学ぶ必要があるからです。

ゆえに肉体を持った人間の声を聞くのとは、ちょっと勝手が違います。彼女たちはエネルギーで私たちに話しかけてきます。だからそのエネルギーに気づき、翻訳する方法を学ぶ必要があるのです。

でも練習すれば上手に聞けるようになりますよ。

その理由は、あなた自身もスピリットだからです。

あなたは人間というものを一時的に経験しているスピリットに他なりません。だからスピリットの声を聞くことは、あなたにとって当たり前のことなんです。

でも人間として生まれてきたときに、そのこと忘れてしまったんですね。だから、少しづつ思い出していけばいいのです。

以下、「ガイド&女神の声がどんなふうに聞こえてくるのか」その主なものを9つご紹介しますね。

どんなふうに聞こえてくるのかを教えてもらうと、以外に「それだったら、もうやっていた!私はちゃんとガイドの声を聞いていたわ!」というものが多いと思います。

そうなったらしめたものです。ドアがちょっと開いたら、あとは自然に全開になっていきますから。

1 夢の中で声を聞く

私が初めてある程度の長さがあるメッセージをスピリットから受け取ったのは夢の中でした。2001年の2月に夢の中に大天使アリエルが現れたときです。そのとき夢の中でアリエルが言ったことが、あとで全部、現実になりびっくりしたものです。

ガイド、天使、女神が夢の中に現れてメッセージを伝えてくることは、目覚めてまもないスピリチュアル初心者に起こりやすい現象です。

なぜなら寝ている間は、あなたのブロックが少なくなるからです。だからガイドたちにとって、あなたにアクセスしやすい時間なんです。夢の中に現れるガイドたちのメッセージに注意を払っていきましょう。

2 頭の中にポン!と情報が入るインスピレーション

私が初めて女神アフロディーテと出会ったときはこれでした。

ある日、突然、私の頭の中で、「アフロディーテ」という言葉が、まるでベルがなるように鳴り響いたんです!

これはクレアコグニザンスというサイキック能力の一種ですが、ガイドが送ってくる情報をエネルギーでキャッチする力です。

これが起こると、私のように頭の中で声がなり響いたり、直感、インスピレーションを感じたり、霊知(ただ分かるという力)ということが起こります。

3 体の感覚でのコミュニケーション

ガイド&女神は、エネルギー体なので人間のような声帯はありません。だからエネルギー、テレパシーで話しかけてきます。

そして、そのエネルギーを体の感覚として感じることがあります。

たとえば、私が初めて大天使ミカエルをはっきりとコミュニケーションを取ったときは、自分の体に小雨が降ってくるような感覚でした。

それは、あるチャネラーさんがダウンロードした大天使ミカエルのメッセージを、英語から日本語に翻訳しているときでした。

部屋の中にいるのに、突然、自分の体に小雨が降ってくるような感覚を感じ始めたんです。でも部屋の窓も閉まっていましたし、屋根に穴も空いていませんでした。

3度くらい体に小雨が降るような感覚を感じたとき、

「もしかしてこれは、大天使ミカエル、あなたなの?あなたが私にサインを送ってきているの?ここにいるよという?」

そう気づいたとき、小雨のような感覚が消えていきました。私が気づいたので、もう小雨を送って私の気を引く必要がなくなったからなのだそうです。

ガイド&女神たちは時として、あなたが体で分かるような感覚を送ってきて、あなたに合図してきます。

4 サインで話しかけてくる

ガイド&女神にとって一番使いやすいコミュニケーション方法はテレパシー。しかし、ほとんどの人間は、テレパシーを使いなれていない。

だからガイド&女神たちがコミュニケーションの方法としてよく使ってくるのはサイン(合図)です。

彼女たちがよく使うサインで代表的なものは自然現象。私の女神はよくを使って私にサインを送ってきます。

天使はよくの形を羽のように変えてサインを送ってきます。

あと天使がよく使うのは、空から羽を落とすこと。私は自分の目の前を、羽が平行に飛んでいくのを見たことがあります。これはまさしく天使からのサインです。

5 数字で話しかけてくる

1111など、数字のぞろ目をよく見始めたら注意をしてください。

数字もガイド&女神たちがよく使うコミュニケーションのツールです。

6 人や物を通してメッセージを伝えてくる

流れてくる音楽の言葉。友人との会話。電車の中や街で見かける看板の言葉。それらを使ってもガイド&女神たちはメッセージを送ってきます。

私は女神アフロディーテとまだ関係が浅かったとき、彼女にこう言ったことがありました。それは、

「あなたが本当に私のガイドなら、サインを送ってください」

すると翌日、我が家の郵便受けに「ヴィーナス」というファッション雑誌が投げ込まれていました。それまでに、そんな雑誌が入っていたことは一度もありませんでした。

そしてその数日後に街を歩いていたら「結婚式場アフロディーテ」という看板が目に飛び込んできました。

そうやってガイド&女神は様々なものを使ってメッセージを送ってきます。それらも彼女たちの声なのです。

7 浮かんでくるイメージを通して

リラックスしている時に頭に浮かぶイメージもガイド&女神たちからのメッセージです。

これはガイド&女神のメッセージを、視覚でキャッチしている状態です。

8 光が目の前を飛ぶ

視覚といえば、時々まるで小さな蛍が輝くように、光を輝かせて女神たちがサインを送ってくることがあります。

小さな光が突然、目の前で輝いたら注意してくださいね。

9 心の声として聞こえる

以上のようにガイド&女神の声は、イメージ、インスピレーション、サイン、感覚、直感、霊知のような形で受け取ることが多いですが、声として聞こえることももちろんあります。

声として聞こえるときは、ほとんどは心の声として聞こえます。つまり、自分の心の中から湧き上がるような形で聞こえます。

肉声で聞こえることも確かにありますが、これは私の知っている限り稀です。私の場合、人の声で聞いたのは2、3度のみです。そんな時は、耳元で誰かが囁いたように聞こえます。

*女神の声を聞く方法をさらに深く学びたい方は、こちらのオンライン講座がオススメです。↓

オンラインだからすぐに受講可能

マリディアナ万美子のオンライン講座

↓関連ビデオもどうぞご覧になってください。